サンクスター ありがとうが集まる仕組み。

価格プラン

  • HOME »
  • 価格プラン
価格プラン同時接続

Price Plan

価格プラン

ファンづくりをチームでできるサンクスターは、CTI【 Computer Telephony Integration 】(話の情報をコンピュータシステムの一部として統合し、顧客データベースや営業支援システムなどと連動し、画面上に現在の通話相手に関連する情報(プロフィールや個人情報、購入履歴、過去の対応履歴)等表示したり、通話しながらシステムに新しい情報を入力したりできるシステムのこと。)という技術を利用しています。

■CTI導入にあたり、いままでの課題は

  1. ソフトウェア本体が高価。
  2. ソフトウェアに対応しているビジネスホンに交換が必要であった。
  3. ソフトウェアのカスタマイズが容易にできず、オリジナルな項目が入れられない。

という問題がありました。そこで弊社ではその3つの課題をすべて解決するため、使用するソフトウェアを、カスタマイズで一般的に定評がある FileMakerを採用。

現在ご使用中の電話機・パソコンを交換せずとも利用することができます。

初期費用を抑えるため、パソコン上にポップアップする仕組みに着目し、1ポップアップごとの着信課金制と致しました。
(ビジネスモデル特許:2015-250882申請中)

  FileMakerは未導入 FileMakerPro12以上を利用中
初期費用

0円

50,000円

※ご利用中のFileMakerのデータベースとの組み込み作業

利用料金

1着信(ポップアップ)ごとに30円/(税別)

※社員さんからの着信は半額の15円/(税別)
※迷惑電話登録した電話番号からの着信は0円。ただし取引履歴の入力はできません。
※稼働日であっても社内に誰もいない営業時間外の着信や休日設定した休業日の着信は課金対象外とさせて頂きます。

システム保守料金

10,000円/月(税別)

FileMaker Server1ライセンス込

5,000円/月(税別)

FileMaker Server含まず

ソフトウェア料金

1台ごとに1,050円/月額換算(税別)

※windows及びMac共にご利用できます。
※FileMaker12以上をご利用中であれば、別途ソフトウェア料金は不要です。
※iPhone・iPad・スマートフォン・Andoroidタブレットのモバイル端末は無料でご利用いただけます。
※モバイル端末からの同時接続を複数台で希望される場合には、990円/同時接続あたり月額換算(同時接続”のご購入は5単位年払いのみ)が必要です。

0円

※ご利用中のFileMakerPro12以上で併用致します。
(FileMakerProのソフトウェアアップデートにおける更新費用はお客様ご負担となります)
※iPhone・iPad・スマートフォン・Andoroidタブレットのモバイル端末は無料でご利用いただけます。
※モバイル端末からの同時接続を複数台で希望される場合には、990円/同時接続あたり月額換算(同時接続”のご購入は5単位年払いのみ)が必要です。

最低利用期間

サービス開始日の翌月から12カ月間

※ご利用期間が最低利用期間に満たない場合、システム保守料金×残月数の契約違約金が必要です。

  FileMakerは未導入 FileMakerPro12以上を利用中
初期費用

0円

50,000円

※ご利用中のFileMakerのデータベースとの組み込み作業

利用料金

1着信(ポップアップ)ごとに30円/(税別)

※社員さんからの着信は半額の15円/(税別)
※迷惑電話登録した電話番号からの着信は0円。ただし取引履歴の入力はできません。
※稼働日であっても社内に誰もいない営業時間外の着信や休日設定した休業日の着信は課金対象外とさせて頂きます。

1着信(ポップアップ)ごとに30円/(税別)

※社員さんからの着信は半額の15円/(税別)
※迷惑電話登録した電話番号からの着信は0円。ただし取引履歴の入力はできません。
※稼働日であっても社内に誰もいない営業時間外の着信や休日設定した休業日の着信は課金対象外とさせて頂きます。

システム保守料金

10,000円/月(税別)

FileMaker Server1ライセンス込

5,000円/月(税別)

FileMaker Server含まず

ソフトウェア料金

1台ごとに1,050円/月額換算(税別)

※windows及びMac共にご利用できます。
※FileMaker12以上をご利用中であれば、別途ソフトウェア料金は不要です。
※iPhone・iPad・スマートフォン・Andoroidタブレットのモバイル端末は無料でご利用いただけます。
※モバイル端末からの同時接続を複数台で希望される場合には、990円/同時接続あたり月額換算(同時接続”のご購入は5単位年払いのみ)が必要です。

0円

※ご利用中のFileMakerPro12以上で併用致します。
(FileMakerProのソフトウェアアップデートにおける更新費用はお客様ご負担となります)
※iPhone・iPad・スマートフォン・Andoroidタブレットのモバイル端末は無料でご利用いただけます。
※モバイル端末からの同時接続を複数台で希望される場合には、990円/同時接続あたり月額換算(同時接続”のご購入は5単位年払いのみ)が必要です。

最低利用期間

サービス開始日の翌月から12カ月間

※ご利用期間が最低利用期間に満たない場合、システム保守料金×残月数の契約違約金が必要です。

サービス開始日の翌月から12カ月間

※ご利用期間が最低利用期間に満たない場合、システム保守料金×残月数の契約違約金が必要です。

■オプション

リスト入力:1着信(ポップアップ)ごとに+5円/(税別) or 1件40円(税別)にてデーター化させて頂きます。

And concurrent connections

同時接続とは

図1のようにWindowsやMac上でFileMaker Proライセンスを使用しているユーザーは、サンクスターに追加コスト無しで接続できます。
FileMaker WebDirectでアクセスするWebブラウザ、もしくはiPadやiPhoneでFileMaker Goを使っているユーザーは、有償でサンクスターに接続する必要があります。これを“同時接続”と呼びます。

図1.無料のクライアントからFileMaker Serverに接続するには、有償の"同時接続"が必要です。

図1.無料のクライアントからFileMaker Serverに接続するには、有償の”同時接続”が必要です。

たとえば、あるグループの数名のメンバー が、iPad、iPhone、Webブラウザを使ってサンクスターに接続し、1日中断続的に使用しているとしましょう。
図2のように、時間帯によって同時に接続しているユーザー数は異なります。
iPadまたはiPhoneから同時に接続しているFileMaker Goのユーザー数と、Webブラウザを使って同時に接続しているWebセッション数を合計したものが最大になったときの数が、有償の“同時接続”の必要数になります。

図2.必要な同時接続の最大数を予測し、5個単位でお求めください。

図2.必要な同時接続の最大数を予測し、5個単位でお求めください。

必要な同時接続数を予測するときは、一人で1つ以上の“同時接続”を使用する場合が あることを考慮する必要があります。
たとえば、一人のユーザーがiPhoneとiPad、さらにWebブラウザで2つのタブからそれぞれ同時にサンクスターに接続していると、このユーザーは一人で4接続を占有していることになります。
必要な“同時接続”の最大数を数えるときは、このような場合の接続数もカウントしなくてはなりません。

サンクスターには “同時接続”がひとつ付いていますので、iPad、iPhone、Webブラウザを使ってソリューションをテストすることができます。
追加の“同時接続”を購入する場合は、Server Admin Consoleの画面もしくはFileMaker Storeからオンライン購入するか、ボリュームライセンスご相談窓口にて追加注文できます。
購入は、5個単位です。FileMaker WebDirectは最大100までの同時接続をサポートすることが検証済みです。

たとえば、iPad、iPhone、Webブラウザからの“同時接続”が最大8と予測される場合は、5個単位の“同時接続”をふたつ、つまり合 計10個の“同時接続”を購入することが必要になるでしょう。
グループの人数が増えたときは、さらに5個単位で“同時接続”を追加購 入することができます。

“同時接続”は、パソコンのFileMaker Pro 14を使用する場合は必要ありません。

FileMaker WebDirect・FileMaker Goを同時利用している数に応じて検討が必要です。

詳しくは弊社営業担当もしくは下記へお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © BEST PLANNER,LLC. All Rights Reserved.